ひらの園

ひらの園の歴史

「茶」は中国では2000年以上前から、
日本ではおよそ1200年前から愛用されていたと言われています

その昔宮廷で使用された「茶」は平安時代の書物にも登場しています。
ひらの園の地元(現 静岡県掛川市上内田地域)で産業として創始したのは明治初年の頃です。

村のお寺である「福寿山龍登院」の山門横に上内田地域としてのお茶の開祖、「小林源四郎」の石碑があります。

明治5年
村の戸長であった源四郎は宇治の茶に魅せられ、茶業への感心は深く、お茶が国家的産業であることを確信し、自己の山林一町歩余りを開墾して茶樹栽培を始める。
また製造の技術である手揉み製法も修得し村民を指導奨励。
明治16年
源四郎の息子の「小林太三郎」は「上内田製茶共同販売益集社」を創立し、再製から販売まで直接、横浜の貿易商「大谷嘉兵衛」と取引の大事業を完成させ地域茶業の礎を築く。
明治初期
大正初期
小林親子の指導の元、官有地を三畝(100坪ほど)ずつ無償で村民に払い下げ、茶樹栽培の拡張を計る事業が村内で展開される。
その中の一人がひらの園初代園主である『五作』であった。
これがひらの園の茶栽培の始まりとなる。
明治28年
妻『はる』を迎え入れ分家し、現在地に住居を構える。これにより、現在地での「ひらの園」の歴史が始まる。

上内田地域は平坦地が少なく米作りに不適な為、傾斜地が利用できる茶栽培に村民挙げて取り組みました。集団開墾なども明治の時代から行なわれ規模拡大によって農家経済を救って来たのでした。

村のお寺「龍登院」は地域の学校であり、話し合いや研修の場所であり、村民のよりどころでした。

そのお寺の一角に、現在でもわらぶき屋根の茶製造研修所後が残る建物が存在します。二つのホイロ(お茶の手揉みをする時に使う道具)が置かれて村民に製法を伝授したと言い伝えられている建物です。

大正時代
ひらの園初代『五作』、二代目『松五郎』は手揉み技術を習得。
昭和時代
昭和27年
製茶機械の普及と共に手作業から機械製造に切り替わって行く。 当時農協理事をしていた二代目『松五郎』は将来を見据え借入金をし木造製茶工場を自宅横に完成させる。
高林式製茶機械を導入して手揉み製法から機械製法へと移り変わっていく。
お茶の新芽の収穫作業も「プチプチ」と心地よい音がする手摘み方式から「チョキチョキ」と鋏の音がする摘採鋏方式へと変化
。摘採、製造共に機械音がする機械化生産時代の幕開けとなる。
機械の動力源は電気だったが、熱源はマキや石炭、炭でまかなっていた。
昭和40年代頃
二人用動力摘採機が普及し、当時としては画期的な大量生産の時代に入る。
小さなガソリンで動くエンジンが開発され、茶葉が自動鋏で刈り取られるようになる。
日本列島改造論の波の中、地域内では大規模に造成された茶園が次々と誕生し茶園面積も一段と拡大した。
それに伴い製茶機械も大型化して近隣地域では大規模共同工場が次々に誕生。
しかしひらの園では単一農園の自園自製(個人形態)の道を選択した。
昭和60年
鉄骨平屋建て製茶工場の建設に踏み切る。当時としては最新のカワサキ機工製茶機械を導入し茶の品質、生産量共に格段の進歩をした。
平成12年
乗用型摘採機を導入。スピード化や重労働からの脱却の時代に入る。
従来から続いていた「かまぼこ型茶園」から、「水平型茶園」に茶畑も姿を変え、さらなる大規模経営形態に移り変わって行く。

現在、乗用型防除機や乗用型管理機なども導入し、ひらの園初代園主「五作」の時代からすれば格段の進歩を遂げてきました。しかし一方では何か大切なものを忘れてしまっているような思いもしていました。自然と向き合い、自然に生かされ、自然の中でゆったりと育て上げるお茶作りの基本。
その基本に立ち戻り、先人からの知恵と最先端技術を融合させ「もう一度飲んでみたい!」と思われるようなお茶作りに挑戦してみたいと思うようになりました。

平成22年
五代目の就農を基に、ひらの園の原点である「五作の時代」明治のお茶づくりに立ち戻る意味で、弧状仕立て(機械管理がしやすい形に茶の樹を仕立てる現代では通常の茶畑)ではなく自然仕立て(茶の樹が伸びたい方向に自由に枝を伸ばした茶畑)の手摘み専用茶園を造成。
よりひらの園を知っていただく為に、茶畑と製茶工場の間にひらの園の「おもてなし」の場所である直売処を開く。

自然仕立ては日々の管理も摘採も機械が使えない為、効率面では100年前に戻りましたが、人が手を加えないので茶の樹が本来の姿に戻り、葉も茎も通常よりも大きく力強くなり、光合成の効率も上がります。その内に秘めた自然の持つ力を最大限に活かす環境が整いました。普通に戻してあげたと言った方が適当かもしれませんね。

また先人の経験から得た知恵と新しい技術を取り入れた茶畑専用の「棚の施設」も同時に新設しました。これにより自然の中の一部をある程度コントロールできるようになり、経営全体の中でのバランスをとれるようになりました。

平成22年
東京青山の「ファーマーズマーケット@UNU」で出店開始。毎年11月~3月までの5ヶ月間、出店。

東京青山のファーマーズマーケットに出店を始めたところ、たくさんの方の支えがあり、農閑期の週末だけ、静岡の田舎の茶農家が東京の青山にお店を持つ事ができるようになりました。
この場所への出店がひらの園にとって非常に意味のある事でした。「作り手が直接消費者に伝える」ことで、日々の農作業の意識も格段に変化します。なぜならお客さんの顔が浮かぶからです。自分がいったい誰の為に茶園でお茶を作っているのか?そこに答えがあるのとないのとでは大違いです。ひらの園はその答えがあるから日々の農作業も頑張れます。ちょっとした意識の差が大きな差となります。

また今ではたくさんのお客様やひらの園を支えて下さる多くの方々との縁をつないでくれる場所に育ち、ひらの園にとってなくてはならない場所となりました。

現在、消費者として気になる事と言えば。。。
「どんな場所、畑で生産されたお茶?」
「どんな人が生産、製造したお茶?」
「どんな工程、どんな管理作業を経て生産されたお茶?」
そんな気になるところをインターネットを使って情報公開し、生産者、製造者、商品のバックグラウンドがハッキリしている顔の見えるお茶を作るよう心がけています。入口から出口まで全て自分で管理出来る事がお客様に対して一番正直な事であり、販売時の言葉も初めて信頼していただけるものであると考えます。

平成27年
30年に一度の変化の年と言う事で、茶工場の増設に踏み切る。
それに伴い一部古くなった機械の入れ替えも行ない、製造ラインも組み直すことでより製造を強化。
また今後も安定しておいしいお茶が作れるように経営面も見直す。

最後に今思う事は、生産者が一方的にお茶を生産するのではなく、お客様と一緒になってお茶作りに取り組む体制作りの更なる強化が必要だと感じております。「良いお茶を作ろう」と始めた毎年春のお茶まつりも、現在は「お客様と良い関係を作ろう」に変化してきました。お茶まつりでのお茶摘み体験を通じて、五感でお茶を感じてもらえればと思います。農家が都会に出ていくばかりではなく、今後はお客様に田舎で体験してもらうことが大事になるだろうと思います。
この先世の中がどう変化していくかは誰にもわかりませんが、「自園自製自伝自販」スタイルと、「掛川」という地域の中で、「個」と「地域茶業」との両輪のバランスを取りながら、永続を目指した自立経営農家としてこの先もお茶作りの一本道を歩いていきたいと考えております。

そして平成28年春、未来の六代目が誕生しました。また秋には農園の舵取りを四代目から五代目に委譲しました。経営理念は『なんとかなる「苦しい」は心地よく「楽しい」はめいっぱい』としました。平成29年春には新しい品種を増やし、新たに乗用型摘採機対応型の棚も完成しました。今後も常に前向きに、先代達が代々繋いできた農園を次世代に繋ぐ事ができるように頑張りますのでよろしくお願い致します。

一杯のお茶を通して、茶園での栽培管理で感じた事、製茶工場での製造で感じた事の「想いを直接届ける」事ができれば幸いです。

平成29年 春 園主

お取り寄せ