はじめまして、

ひらの園です。
私たち「ひらの園」は、
静岡・掛川で120年以上お茶を作り続けている小さな「茶農家」です。

個人で茶畑での栽培、製造、オリジナル商品の販売まで手掛ける、全国でも数が少ないタイプの茶農家です。
ほとんどの作業を家族で行っており、生産量は限られますが、小さいと全てに目が届くことが強みになると考え、私たちは日々お茶と向き合っています。

明治時代からつながる、家族で作る小さなお茶作り。

「茶」は中国では2000年以上前から、日本ではおよそ1200年前から愛用されていたと言われています。
ひらの園の地元(現 静岡県掛川市上内田地域)で産業として創始したのは明治初年の頃。それから、五代に渡ってお茶を作り続けています。

お茶作りの機械設備が進化した現在でも、自然と向き合い、自然に生かされ、自然の中で手をかけ目をかけて育て上げるお茶作りの基本に立ち返り、先人からの知恵と現代の技術を融合させつつ、飲む人の暮らしに馴染む「今日も飲みたい」と思っていただけるようなお茶作りを心がけています。

ひらの園の歴史について

いつもの一歩先にある美味しいお茶と
「ほっと一息」を届けるために。

いま、茶の消費低迷、取引価格の低迷、後継者不足など、茶生産をとりまく様々な事情から、個人で製茶・販売まで行う茶農家が全国でどんどん減っています。

ひらの園は、思い切って個人で製茶工場を持つことを選択し、個人の農家が作ったお茶を、お客様が楽しめる選択肢として残していきたいという想いから、『ひらのさんちのお茶』を作って、お客様にお届けしてきました。

その思いを根っこに持ち、畑から、シンプルに。
いつもの一歩先にある美味しいお茶と「ほっと一息」を届けたい。
家族や友人との団欒の場には、やはり美味しいお茶があった方が良いと思うから。
そんな気持ちでお茶をつくり続けています。